こんにちは、神戸市をはじめとした兵庫県の各地域で造園工事や剪定を承っている齊藤園です。

造園業の仕事が人気だということを知っていますか?
そこで今回は、「造園工事の”剪定”ってどんな仕事?」についてご紹介していきましょう。

剪定とは

剪定とは、庭木などの樹木の枝を切って形を整える仕事です。
病虫害の予防もありますし、剪定することによって健やかな生育を促します。

剪定のタイミングは

一般的な剪定のタイミングは、夏と冬の二回です。
落葉樹か針葉樹などの植物の種類によって異なります。

夏剪定は六月頃に生長しすぎた枝を中心に剪定します。
バランスよく日が当たるようにする、病虫害の予防をするという目的のために行います。
冬剪定は庭木が眠っている冬季に春のために剪定します。
常緑針葉樹は冬剪定が基本で、夏に比べると大きく剪定することが多いです。

いろいろある剪定の種類

透かし剪定

透か剪定とは、伸びすぎや混みすぎの枝を適度に落としていって透かしていく仕事です。
成長しすぎた庭木を小さくするのが強剪定、枝先の不必要な枝を落とすのに弱剪定があります。

切り戻し

枝を半分から三分の一くらいのところで剪定して、樹幹を保つのが切り戻しです。
むやみに切り落としてしまうと、切り落としたところから細かい枝が出て、樹形を乱すことにもなりかねません。

刈り込み・借り上げ

生垣などで、伸びてきた枝を途中から刈り取る方法です。
全体を均一に刈り込むことで、美観を保ちます。

芽摘み・みどりつみ

針葉樹などの新芽を手で摘んで、枝の生長を抑えます。
マツなどの庭木などでは、春に芽生える新芽を六月頃に摘むことによって、生長を緩やかにすることができます。

ここまで造園工事の”剪定”ってどんな仕事?についてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
今後も、様々なトピックを取り上げていきます。

造園工事や剪定のことなら齊藤園へ

造園工事や剪定のご用命は、信頼と実績の齊藤園にお任せください。
高品質な施工には自信あり。
誠実に真摯にご対応しております。

この機会にぜひお問い合わせください。

齊藤園で働いてみませんか?

定着率が抜群の弊社へ!

みんなが仲良くて、チームワークのいい職場で、定着率が抜群です。
経験豊富な先輩がいろいろと教えてくれるので安心です。
長く続けたいなら、齊藤園にご入社ください。

日本庭園も洋風庭園もお任せ

齊藤園は様々な造園工事を手がけています!
「日本庭園も洋風庭園もやってみたい!」
そんな好奇心旺盛のあなたを全力でサポートします。

剪定に植栽管理もお任せを!

お庭を維持するための剪定や植栽管理もプロフェッショナルである私たちにお任せください。

「造園工事や剪定などの仕事をやってみたい!」と思ったら、ぜひ求人情報ページをご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


剪定や造園工事、庭リフォーム、伐採なら齊藤園におまかせください
ただいま造園スタッフの求人募集中です!
〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台6丁目18-16
TEL:070-5268-2554
FAX:078-797-5437