こんにちは、剪定や造園工事を行っている神戸市須磨区の齊藤園です。

暑さも増してくるこの時期、これからガーデニングを始めようと言う方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、今回はガーデニングで気を付けることを3つご紹介しましょう。

複雑なことは何もありません。
初心者の方でもできる簡単なことばかりですので、ぜひ意識してみてください。

 

1.日当たりや風向をチェックする

ガーデニングの際は見た目にばかり気を使いがちです。
デザインはもちろん大事ですが、その前にお庭となる場所の状況について考えることが先決です。

特に日当たりや風向は、気温によって育ち方が変わるものが多い植物の状態を決定づけることになる重要な要素です。

お庭の方角、季節ごとの日差しの変化、風にさらされるスペースなどを把握して、その場所にどのような植物を置けるかを確認しましょう。

 

2.土の状態や水はけをチェックする

日当たりや風向の次にチェックすべきなのがこの2つです。
土の中の水分の多さは植物によって適量が異なり、一つ間違えるとあっという間に植物の枯れや腐食が起きたり、病害虫の繁殖する温床となったりします。
そうならないためには、まずお庭がもともと持っている排水機能をチェックし、ふだんの土の状態がどんなものかを知っておく必要があります。

そうすることで、水やりのペースの調節、ふだんの土の状態に合った植物の選択などといった、問題を未然に防ぐための対策が打てるのです。

 

3.植物の主役と脇役を決める

大方お庭に向いている植物が決まったら次は、植物の選定です。
専門店に足を運ぶとキレイなお花ばかりで目移りしてしまいますが、お庭のデザインにはメリハリを出すことが大事です。
といっても、最初から全体の統一感を考えるのは難しいですよね
そこで、まずはお気に入りを詰め込んだ寄せ植えの鉢や、目立つ樹木を中心に据えてみましょう。
そうすることで、花壇の大きさや配置がおのずと決まっていくものです。

 

悩みはプロに相談する

ここまで初心者の方でも役立つ注意点をご紹介しましたが、それでも植物の育つ大きさや色の統一感、和洋それぞれに適した配置などに悩む方も多いと思います。
そういう場合は専門店のスタッフに相談してみましょう。

「中心にこういったお花を据えたいんですが……」
というように相談すると主役を引き立てるようなアドバイスがもらえます。

しかし、アドバイスをもらっても一から十までお一人で造っていくのは大変です。
そんなときはぜひ齊藤園にご相談ください。
一般住宅はもちろん、あらゆる建物のお庭にご対応しております。
ご相談はお問い合わせページかお電話から!
皆様のご連絡をお待ちしております。


剪定や造園工事、庭リフォーム、伐採なら齊藤園におまかせください
ただいま造園スタッフの求人募集中です!
〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台6丁目18-16
TEL:070-5268-2554
FAX:078-797-5437