皆さんお疲れ様です🙇‍♂️

今日は1日天気もよく、この時期にしては過ごしやすい日でしたね🌅

それでは今日の作業を紹介していきます🙋‍♂️

今日は施肥作業になります🌲

簡単に言うと肥料やりですね💁‍♂️

使用する材料は写真のとおりになります💁‍♂️


左側にあるのが土壌改良材になります🌲

木材の樹皮を主な原料とし、発酵させたものですね💁‍♂️

簡単にご説明しますと、保水性、浸水性が高く乾燥から守り、保肥力が高く肥料の流出が少なく、有用微生物を多量に含んでおり土壌病害を防ぐ効果があります💁‍♂️

めっちゃ凄い土みたいなものです笑

右側はいわゆる肥料です💁‍♂️

表記してある通り有機入配合肥料といい、2種類以上の粒状、粉状または顆粒状の原料や油粕やカニガラなどといった有機原料を使用したものになります💁‍♂️

ちなみに寒肥(かんごえ)と書いてありますが、これは春先以降での樹木の成長に備え、寒中に施す肥料のことです💁‍♂️

主に12月〜2月に行われ、この時期だと休眠期に入っており根からの養分吸収があまり行われていないので、多少根を痛めても影響が少なく済むという訳です🙋‍♂️

作業風景はこんな感じですね💪


まずはバーク堆肥と配合肥料を上写真のようにかくはんします⛏


かくはんしたものを持ち運びやすいようにバケツに移してから施肥作業を行います💁‍♂️


そして上写真のように穴を掘り、肥料を入れて埋めれば完了です💪

穴を掘れない場所だと撒くだけでも構いません💁‍♂️

簡単に出来ます笑

興味のある方はぜひ実践してみてください🙇‍♂️

それでは次回をお楽しみに🙋‍♂️🌲


剪定・造園工事のことなら齊藤園におまかせください
ただいま造園スタッフの求人募集中です!
〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台6丁目18-16
TEL:070-5268-2554
FAX:078-797-5437